【FX日記03】初めての追証発生とロスカット。資金管理の重要性について

FX日記

こんにちは! アキオ(@hiroakio97)です。

早いもので、前回『FX日記』を書いてから2ヶ月近くが過ぎてしまいました。

 

その時のツイートでも”自称中級者が一番危うい”なんて予言めいたこと言ってますが、、

予想通り(?)ガッツリやられました!

 

というわけで今回はやられて初めて実感した資金管理の重要性について。
「損切りラインをしっかり決めましょう!」というお話。

 

トレード成績

前回のトレード成績は以下の通り。
スキャルピングを諦めてデイトレに移行し1ヶ月ほどたったころの成績です。

 

デイトレード成績損益:26,480円

証拠金:100,000円
トレード日数:18日間
トレード回数:139回
勝率:61%
ペイオフレシオ:1.00
プロフィットファクター:1.52
1トレードあたりの平均損益:190円

DMM FXの取引通信簿 スクリーンショット
DMM FXの取引通信簿 スクリーンショット

 

悪くありませんよね?
順調に増やしています。

そしてその後、この2ヶ月の成績はというと、、

 

デイトレード成績損益:−2,060円

当初入金額:100,000円
トレード回数:169回
勝率:61%
ペイオフレシオ:0.62
プロフィットファクター:0.99
1トレードあたりの平均損益:−12円

最大取引損失:36,030円

DMM FXの取引通信簿 スクリーンショット
DMM FXの取引通信簿 スクリーンショット

 

たった一度のトレードでマイナス36,000円
この一撃でこれまでの稼ぎを全て吹き飛ばされましたww

なんでこんなことが起こったのかお話しますね。

 

初めての3lot取引、大きな値動きに怯む

私がFXを始めた時、最初に入金した金額は10万円でした。
その10万円をスキャルピングでコツコツ減らし、でもDMM FXさんの新規口座開設キャッシュバックキャンペーンのおかげでギリギリ10万円復活。


DMM FX 口座開設キャンペーン 最大20,000円キャッシュバック

その後 今のデイトレにスタイルを変更、今度はなんとかコツコツ稼いでやっと13万円へ。

それまでは2lot(DMM FXは1lot = 10,000ドル)でトレードしてたんですが、証拠金が13万ちょっとになると3lot取引できるようになるんですよね。。

「よっしゃ! 3lotならこれまでの1.5倍稼げるぜ!!」

ってことで 意気揚々と3lot、レバレッジ最大の25倍でトレードを始めたんですが、、、
未熟でした😓

1.5倍のポジションを取れば、当然 損益も1.5倍になるわけで。
値動きの大きさに酔ってしまったのでした。

ビビって利確は早くなるし、逆に損切りはズルズル先延ばし。
その結果が例のマイナス36,000円です。

 

この時は確か 私がポジションを取った後、たまたまアメリカのトランプ大統領が北朝鮮の核問題について何かコメントを出したんですよ。

チャートが突然動き出し それまでのわずかな含み益が一転、わずか数分の間に1万円ほどの含み損になってしまったのです。
米朝の緊張がグッと高まり、円高もグッと進んだところで、、私の含み損もググッと大きくなりました。

ドンドン増える含み損をみて、私の思考回路は一時停止。
一刻も早くロスカットしないといけないこと、頭では分かっていたのですが気持ちがついていきません。

「一晩もすれば何事もなかったかのように元に戻ってるかもしれない」

なんて都合のいい希望で損切りを先延ばしにしてしまいました。

そして結局、翌朝にはマイナス3万円。
証拠金維持率は100%を割り込み、運営会社から追証の連絡が。
その日、私は泣く泣く損切りました。
(ちなみに、そこが底でした。。😂)

 

ちなみに「ここまで読んで今さらアレなんだけど、追証って何?」ってかたは、FX基礎知識記事を読んでくださいね。

 

初めての追証を受けて、学び 『資金管理は何より大事』

というわけで初めて追証発生を経験したんですが、ここで学びです。

資金管理、大事。

ここで言う『資金管理』っていうのは『リスクマネジメント』とほぼ同義です。

要は「あらかじめ1回の取引で許容できる損失を決めておいて、もしトレード中にそのラインに達したら機械的に損切りしましょう」ということです。

簡単でしょ?

私も毎度のことながら、頭では分かっていたんですよ。
でもこうして実際に経験して、初めてハラに落ちることもあります。

 

ちなみに、多くのFXトレーダーたちが推薦する図書に『投資苑2』という本があります。

 

 

著者はアレキサンダー・エルダーさんという精神科医。
世界中で翻訳・愛読されているようです。

お医者さんの書いた本らしく、相場の集団心理と投資に臨む上でのメンタルコントロールについて、多くの紙面を割いています。
その中で資金管理については「自己資金の2%を超えるリスクはとるな」とのこと。

つまり、今回の私のように13万円の証拠金でトレードするのであれば、取れるリスクはその2%・2,600円まで、というわけです。
つまり、もし レバレッジいっぱいの3lot分ポジションを取るなら8.7pipsで損切れ、となります。
逆に13pipsのリスクをとる必要があるなら ポジションは2lotで留めておきなさい、ということになります。

明確だし、感覚的に妥当な数字と思えます。
今の私でも2,600円なら精神的に動揺することなく、損切りすることができそうです。

 



まとめ トレードに必要なのは3つのM

投資苑2のなかでエルダーさんは「トレーダーには3つMが必要だ」と語っています。

それは

Mind(自分の感情と市場の群集心理の理解)
Method(トレード手法、戦略)
Money(資産管理)

の3つです。

今回の3万6千円で「これまで私はMindとMethodにしか意識しておらず、3つ目のMである資産管理が足りなかったなー」、と身を以て実感したのでありました。
この勉強代が高かったか安かったかは、これからのトレードの成績次第ですね。

 

間が空いて2ヶ月ぶりのトレード日記になりましたが、やっぱりこうして振り返るのは良いもんですね。
今後は月に1回くらいのペースで定期的にレポートしたいと思います。
毎月1日に前月トレードを振り返る感じでやろうかな。

というわけで次回FXトレード日記は7月1日あたり更新の予定です。

ではでは。