ジュニアNISA口座でアメリカ株! 〜口座開設準備 編〜

2020-09-17

こんにちは! アキオ(hiroakio97)です。

子ども達にジュニアNISA口座を開くことにしたので、考えたこと・やったことを記録しときます。


ジュニアNISAは2023年末で終了、メリットとデメリットは?


今回のジュニアNISA口座開設のきっかけは、2020年3月に可決された税制改革。

それ以前からジュニアNISAのことは知ってたけど、下の理由で手を出さずにいました。

  1. 長期間資金が拘束される(子どもが成人するまで出金できない)
  2. 口座が増えてお金の管理が煩雑になるのがイヤだ
  3. 自分のお金を他人名義の口座に入れるのがなんかイヤだ(我が子とはいえ他人なので、、)

改めてこうして文字にしてみるとよくわかるんだけど、下の2つは単に感情的なものですね。

そして唯一実質的なデメリットと言える「1. 資金の長期拘束」も、本年度の税制改革により大幅に緩和されました。

この改定により、ジュニアNISAは2023年末に終了することが決定!

2024年以降は出金の制限が撤廃されます。
さらに、制度終了以前に取得した資産については子どもの成人まで非課税が継続。

終了が決まったおかげで、良い具合に使い勝手が上がっています。

3年くらいの資金拘束なら我慢できる範囲内です。個人的に。


ここまで個人的なジュニアNISAのデメリットに注目してきましたけど、対してメリットの方はどうかというと、、コンサバに見積もってもザッと¥90,000くらいの節税効果アリ。

例えば、今から配当利回り3%の株をジュニアNISAの投資枠¥800,000一杯買ったとします。

すると年間の配当は¥24,000(= ¥800,000 × 3%)
子どもが成人するまでの18年間に受け取る配当は¥432,000(= ¥24,000 × 18年)
仮に非NISA口座なら税率は20.315%なので、¥87,761が税金として引かれることになる。

つまり、この「¥87,761」と「3年間の資金拘束 + 個人的な感情のモヤモヤ」を天秤にかけて、前者が魅力的だったのでジュニアNISA口座を開設することにしたわけ。

うちには子どもが4人いるので、節税効果も4倍ですしね。


ジュニアNISAでアメリカ個別株を買うならSBI証券

というわけでジュニアNISA口座解説を決めたわけですが、次に迷うのが「どこの証券会社がいんだろ?」ってこと。

さいわい、アキオの場合は迷うことなく決めることができました。買いたいものが決まっていたので。

上の関連記事に書いてあるとおりアキオはアメリカの個別株17銘柄を積立投資してるんですが、ジュニアNISA口座もその一部に当てようと考えてます。

となるとジュニアNISA枠でアメリカ個別株を買える証券会社で口座を開かないといけないんですが、パッとみた感じそれがSBI証券だけでした。

楽天証券もマネックス証券もジュニアNISAはアメリカ個別株NG!
ETFや投信なら扱ってるみたいだけど、個別株は非対応。

SBI証券は自分名義の口座でもメインで使ってるし、ちょうど良かったかな。


未成年の銀行口座は楽天銀行がよさげ

証券会社が決まったところでさっそく口座開設手続きに入りたいとこだけど、その前にもうひとつ。

ジュニアNISAの証券口座に入金するための子ども名義の銀行口座を開設しなければいけません。

本当ならSBI証券は同グループの住信SBIネット銀行が連携よくてオススメなんだけど、調べてみたら住信SBIネット銀行は未成年の口座開設不可。

仕方ないから、未成年者ウェルカムだった楽天銀行に口座を開設しました。

基本的にはウェブだけで完結したんだけど、親と子どもの本人確認書類が2点ずつ必要で、それをスマホのカメラで撮って送ってして結構骨が折れる。
本人確認書類は保険証とマイナンバーカードを使いました。パスポートとかでもいいみたい。
(マイナンバーカードは当初作ってなかったんだけど、マイナポイントの申請のために最近慌てて作った)

何せ子ども4人分だから、妻と手分けしてだけど面倒かった。ひとりなら途中で諦めてたかもってレベル。


ちなみに、楽天銀行は未成年者の口座開設&入金でお祝い金¥1,000プレゼントキャンペーンやってるんで、そういうとこも好き。


ちなみにちなみに、楽天銀行で口座作るにはメールアドレスが必要なので、子ども用のメアド作っとくのが吉。

アキオも末っ子のGoogleアカウント&メアドをこの機に取得しましたよ。

口座開設には2週間くらいかかるらしい

そんなこんなでマイナンバーカード作って、メアドとって、銀行口座も開いたので、やっと本命のジュニアNISA口座の開設申し込みです。

こちらも妻と協力して4人分。ひとまずウェブから申し込み。

SBI証券の場合、後日申込書が送られてくるから記入の上、本人確認書類を同封して返送。
その後SBI証券が税務署に口座開設の申請するらしい。

書類に不備がなければ1〜2週間 税務署がなんかゴニョゴニョやって開設完了!って流れみたいだから、書類の往復とか考えたら2〜3週間はかかるかな?

当初の情熱が消えかかるくらいに手間も時間もかかるねい。。




まとめ + 近日中にやりたいことリスト

ということで、ジュニアNISA口座開設についてここまでした作業を記録しました。

口座開設できたら、また続き書こうと思います。


最後に、最近の関心事はこんな感じ。
この中から進展があったものを記事にしていこうと思います。

  • アメリカ株投資の経過まとめ
  • BITMAX1周年記念キャンペーン参加(LINEの仮想通貨のやつね) ←Doing
  • 庭の手入れ&植物の植え替え
  • 撮りためてる子どもの写真・動画の整理
  • 仕事のお勉強(組み込みLINUXについて)
  • 子ども達のジュニアNISA口座開設 ←Ding

今日のところはこんなところで。

ではでは。